節分ってどんな日

ある記事で見ましたので、皆さんにも御紹介します。 

1┃節分とはどんな日?
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2月3日は「節分」の日。毎年豆まきをしているご家庭もあるかと思いますが、
なぜ節分に豆をまくのかご存じですか?今回は、節分の意味や豆のまき方、そ
して余った豆の簡単な活用方法などをご紹介しましょう。

●節分の意味

もともと節分は季節の分かれ目である立春、立夏、立秋、立冬の前日を指し、
年に4回ありました。しかし、だんだんと旧暦で一年の始まりにあたる立春を
重んじるようになり、節分といえば立春の前日つまり2月3日を指すことが多く
なったそうです。旧暦で立春を一年の始まりと考えれば、節分は大みそかにあ
たります。

●豆まきの由来

節分に行われる豆まきは新しい年を迎えるにあたって、大豆をまくことで邪気
を払い、福を呼び込む行事です。古代中国の習俗が日本に伝わり、宮廷で行わ
れていた追儺(ついな)という鬼を払う儀式に由来しているといわれています。
また京都の鞍馬山(くらまやま)に鬼が出たとき、毘沙門天(びしゃもんてん)
のお告げで大豆を鬼の目に投げつけ退治したという昔話もあり、豆まきは「魔
の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じ
るという説もあります。

●豆まきのやり方

炒った大豆を使うのは拾い忘れた豆から芽が出ると縁起がよくないとされてい
るからです。「鬼は外、福は内」と言いながらまいて、家中の鬼を追い出しま
す。豆をまいたあとは、年齢プラス1個つまり数え年の数(または年の数だけ)
の豆を食べるのが一般的です。地域によって「鬼は外、福は内」という掛け声
やまき方、食べる豆の数などは異なります。

●豆まき以外の風習

・恵方(えほう)巻きを食べる

その年の吉とされる方角=恵方(2010年は西南西)を向き、願い事をしながら
巻きずしを食べます。福を巻き込む巻きずしを包丁で切ってしまうと縁が切れ
て福も逃げてしまうという意味から、1人丸ごと1本の巻きずしを食べます。食
べながら話をすることも運が逃げるとされているので、食べ終わるまで話をし
ないようにしましょう。関西地方を中心にした風習で「恵方ずし」「丸かぶり
(かじり)ずし」などと呼ばれることもあります。

・いわしを食べる

鬼よけとして、焼いたいわしの頭をひいらぎの枝に刺して玄関先に飾る風習も
あります。節分の日にいわしを食べる習慣は、この風習から始まったといわれ
ています。

●余った豆の活用方法

・大豆茶

節分用の大豆を砕いて急須やポットに入れて熱湯を注ぎ、しばらくたってから
いただきます。緑茶とブレンドしてもおいしく、お好みで塩昆布や梅干しなど
を混ぜてもかまいません。

・豆ご飯

米2合に対して節分用の豆1合を混ぜ、酒大さじ1、しょう油小さじ2(分量は目
安)を加えていつものように炊くだけで、香ばしくて栄養価の高い大豆ご飯が
できます。ふだん作られている炊き込みご飯に大豆を加えてもいいでしょう。

豆まきは、家族みんなでやれば楽しい時間になりますね。今年は余った大豆も
大豆茶や豆ご飯で楽しんでみてください。