お金は貯めるより使うほうが難しい

「お金の使い方」について。

2500年も前に言われた言葉です。お経文は凄いです。

「雑阿含経」の一説をご紹介いたします。

「始めに功業を学び、方便して財物を集めよ。かの財物を得巳(えおわ)

らば当に四分を作(な)し応ずべし、一分もて、自らの食に用い、二分をも

て生業を営み、余の一分は蔵密し、以って貧乏を擬せよ」と書いてありま

す。

現訳:「技能をしっかり学んで、それを方便(正しい手段)し収入を得なさ

い。

そして収入を得たなら、むやみに使わないで、それを四っに分けなさい。

四分の一を生活費にあて、四分のニを営業(仕事)に使い、残った四分

一は貯蓄して収入の途絶えたりする非常時に備えなさい」。ということ

す。

しかし、釈迦は凄い事を言い残したものです。人は収入があると、つい無

駄使いしたくなるものです。バブルの時のように、ウハウハ儲かった人の

中で、その気になって派手に金を使ってしまって、現在どん底の生活をし

ている人が大勢居られるようです。

世の中、良い時期は短く、悪い時期は永いものです。上記の教えを知っ

守っていれば現在でも安泰でしたでしょう。

私がテレビで見た社長は、田舎から上京し、若年の収入が少ない時から

この教えを忠実に守り大成し、現在に於いても守っているそうです。凄い

人もいるもんだ。

皆さん今からでも実行しては如何でしょう。