人間と水 No-2

*「人間の能力」

 私達は、自分自身がもっている能力について過少評価していたのかもしれません。

 人間は、本当はもっとすごい能力をもっているのです。今確認されている元素の種類

 は、108から111あると言われています。

 人間を構成している元素で現在確認されているのは90と少しだけだと言われています。 

 おそらく体内にはまだ発見されていない元素があるか、あるいは、より進化して残りの

 元素を持つことによって、人間は完成された存在になるのではないだろうか。

 高等生物になればなるほど、体内の元素の数はふえていきます


*「煩悩」(ぼんのう)

 仏教では、人間は108の煩悩をもつとされています。煩悩とは、

 私達人間が生まれながらにもっている迷い・執着・ねたみ・虚栄な どの心で、煩悩が

 人生の苦しみをつくり出します。108の煩悩 というのは、人間が体内に持つ108の

 元素にそれぞれ対応して いるのではないかというものです。

 人間は生まれている限り108の煩悩から逃れることはできま せん。次々と湧きあが

 ってくるネガティブな感情をどう付き合っ ていくか、それが人生をうまく生き抜くコツでも

 あるのです。

 それでは、怒りや悲しみ、あるいは恨みといった感情をいだいてし まったらどのように

 対処すればよいでしょう。

 第一に、とりあえずどんな感情も否定する必要はないというこ とを理解してください。

 人は誰でもネガティブな感情を持って生まれてきています。

 どんな人も人類が誕生して以来の気の遠くなるような先祖の記憶を持って生まれています

 その中に当然ネガティブな感情もあるわけです。一時的にせよ、そういった感情を

 消すにはどうしら良いのでしょうか。

 波動の法則からすれば、いやな感情とは正反対の波動を出せば よいのです。

 二つの波動が合成することでネガティブな感情は消 えます。

 人間のネガティブな感情には、それと正反対のポジティブな感 情があるのです。

 次のような二つの感情が、正反対の波形をもち合わせている。

 恨み〜感謝・怒り〜やさしさ・恐怖〜勇気・不安〜安心・イララ〜落ち着き・

 プレッシャー〜平常心。

 相反する二つの感情が同じ波形を持っている。それには二つの 意味があります。

 まず、人間は誰でもジキル博士とハイド氏のように、二つの顔を持っているということです。

 短気な人ほど涙もろい。「良い人」 に見えた人が、ある日突発的に犯罪に走るなどという

 のも良く聞く話です。

 良い人格だけを持っている人もいなければ、根っからの極悪人もいません。

 その両面を持っているのが人間の真実の姿だと言えるでしょう。

 もう一つの意味は、あるネガティブな感情にとらわれた時に、反対の感情によって、 それを

 打ち消すことができる。というものです。


 恨みの感情によって病気になってしまった人は、感謝の心を取 り戻す事で体を癒すことが

 できる事になります。

 「ネガティブ」=「消極的な」「否定的な」の意味。
 「ポジティブ」=「前向きな」「プラス思考な」の意味。   

 

*「波動」

 人間のネガティブな感情の波動が、それぞれの元素のもつ波動 と対応している。

 いらだちの感情は水銀とおなじ波動。

 怒りは鉛と同じ波動。

 悲しみやさびしさはアルミニュウムと同じ波動。

 心配、不安はカドミュウムと同じ波動。

 迷いは鉄の波動と同じ。

 人間関係のストレスは亜鉛と同じ波動。などが、お互いに結びつ いている。

 「アルツハイマー」アルミニュウムの鍋や食器を使っているとア ルツハイマーの原因に

 なることは、最近やっと指摘されるように なって来ました。

 しかし、これはアルミニュウムの波動がさびし さ、悲しみの波動とほぼ同じためで、

 老人のさびしさや悲しみと いった感情がアルミニュウムを呼び寄せ、アルツハイマーに

 結び ついてしまうことになります。


 第三章へつづく。 読んでいただいてありがとう御座います。