「信」しん。

論語には「信なくばたたず」と言う言葉があります。又「巧言令色鮮(すくな)し仁」

「剛穀(ごうき)(ぼくとつ)に近し」も有名でしょう。言葉巧みにきれいごとを並べ

るのは仁に欠け、強い意志を持って素朴に語ることが仁であるというわけです。つま

り、言葉と行動を一致させることが重要であり、それこそが「信」の源泉なのです。

「信」と「情」が無ければ人は動きません。

記されていました。