観音経の教え-5

〇煩悩の火を消し愛欲の海を泳ぐ

*七難  火難・水難・羅刹難・刀杖難・鬼難・枷鎖難・怨賊難。の七つです。

このうち火難と水難が出て来ます。火難を除く観音の変化身とされている秋葉三尺坊は火伏の大御所として有名です。この三尺坊のご利益とはいうのは、人間の煩悩を消すことにあります。
善行に害毒をうながす三つの煩悩を三毒と言います。
「三毒」とは貧・瞋・痴(とん・じん・ち)がこれにあたります。貧とはむさぼり。瞋とは怒り。痴とは知恵の曇り。この三毒の火を消すことが出来れば充実した毎日が送れるとする教えです。
観音経でいう火難とは、瞋であり心火です。釈尊いわく「瞋恚は功徳の林を焼く」と言っています。
水難とは愛欲の難、愛欲の大海に溺れるのは人間である限り誰にでもあります。誰にでもあるからといって溺れてはならないのです。
*七難とその正体の受け止め方
「魔がさした」という言葉があります。心の迷いから生じる悩み苦しみ、食人鬼といってもいいような、どうしようもない心の悩みこれが「羅刹鬼」です。
「仮使黒風其の船航を吹いて」とは心の中の暴風のことです。仏性を求めて人生の大海を泳ぐ我々の前に突然の災害が訪れた時、どうしようもない心の悩みに負けてしまう。これが羅刹鬼の国に飄堕するということです。
人生で一番難しいのは、自分に勝つことです。人に勝つことなどは簡単なことであります。負けそうになっては這い上がり、また負けそうになっては這い上がる。我々誰でもがそうして生きているのです。
我々は本当に自由なのでしょうか、何一つ束縛もないだろうか、何一つとらわれもないだろうか?
人間の持つ所有欲は自由を束縛する。土地を手に入れれば土地に縛られ、家を買えば家に縛られる。地位を手に入れれば地位に縛られ、金を手に入れれば金に縛られる。命があれば命に縛られる。二重にも三重にも縛られ、身動きの取れない生活を送る。これで本当の自由と言えるだろうか。
人間は一切の所有権を捨てることは出来ない。物を捨てることは出来ても心の所有までも捨てることは出来ない。金がなければないなりの束縛、地位も名誉もなければ、ないための束縛。
我欲と言ってもいい。我欲の衣を七重八重に着込んだ我々の生は不自由この上ない。この衣を脱がない限り本当の自分、宇宙の真理真実に出会うことは出来ない。
次回に続く