観音経の教えー3

*音波をキャッチする観音様

「一心称名」一心に声を立てて念ずることである。一心に念ずることにより観音様と一体になれる。
一体になれるということは、無我になることである。他の事は何もない一切の計らいもなく、ただ頭の中は観音様だらけ、といった状態である。
「百千萬億」の庶民がもろもろの苦悩を受けた時、観音菩薩の名を一心に称えたら観音はそれを聞き分けて、皆のその苦しみから解放されるようにするからです。
「南無観世音菩薩」の南無とは「依るべきものに帰る」という意味です。
「観音開き」という言葉がありますが、戸が真ん中から両側に開く方式です。両方に開くと、中は開けっぴろげとなりどこからでも自由に入れます。
仏像を祀る厨子のほとんどは観音開きです。観音様は、開放的な仏さまでであるからです。

*観音様の気配り
心を配ると書いて心配。普通、心配するというと、あれこれと気がかりになる。と言うが、本来の意味は相手の身になって心を配るということです。
*即時即効の現世利益 
世の中には摩訶不思議なことがあるもので、存在していることだけは紛れもない事実です。これを学問や科学で立証できないからと言って、信じようとしない現代人にもう一歩踏み込んで考えてもらいたいことは、一心になることに依って発散するエネルギーの力、精神力を集中した時に起こる不思議な現象、これは今、科学の死角点にあります。
一念岩をも砕く、で、ひたすら一心になる熱意、それに伴う行動はいつの世においても岩おも砕くほどの力を持つ、ということではないでしょうか。