観音経の教えー1

「観音経を読む」雲輪 瑞法著より。

まず、お経と言うと線香臭い・坊さんが唱える訳の分からない言葉と思う方が大半

でしょう。しかし、お教文とは、人が生きて行く事に対する大切な教えを説いてい

るものなのです。決して無碍に出来ない大切な教えなのです。

「観音経を読む」この著書を読んで自分が感じたことを記載します。

良くお坊さんが読む「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五」とは法華経の中の第

二十五番目に記載されているお経です。通常は「観音経」と言われている経文で

す。このお経は人間自覚のための経文であります。

*この世で第一番に難儀、難しいのは、自分自身の限りなく揺れ動く心、どうし

うもない、この自分自身との対決で無かろうか。

人間の心とは、常にころころと変化する。だから「こころ」と言うのであろう

か。

捉えどころなき、つかみどころなきものである。先刻の自分と、只今の自分、も

ろん、一瞬一秒の怠りもなくこの肉体は変化する。が心も又限りなき移ろいさ

いゆくのである。