自分の問題の解決法は。

私の師匠の残した言葉(法華経の知恵)にある教えを記載します。
仏教のほとんどの宗派では、お経文をあげる前に次のような開経偈(かいきょうげ)を読み上げます。「無上甚深微妙の法は、百千萬劫にも遭遇たてまつること難し。我今見聞し受持することを得たり。願わくは如来の第一義を解せん」
これは大変すばらしいことです。「無上甚深微妙の法は、百千萬劫にも遭遇たてまつること難し」と言って、人間は何千回、何万回も生まれ変わって、ようやくこの度、仏様と巡り会うことができたのだという事です。お経、つまり教えを見たり聞いたりすることが、今やっとできるようになったということです。
「如来の第一義を解せん」の如来とはお釈迦様の事です。「第一義を解せん」とは、この世の中の仕組み、つまりお経のことです。それを身につけたいと願うことなのです。だから、日々お経をあげていると、一つ一つ自分のものになっていきます。するとお寺さんの説法などを聞いたとき「これは、お経のこの所を言っているのだな」と言うようにわかってきて、自分でお経を解釈出来るようになってきます。すると、お釈迦様の教えに照らして、なんでも善意に受け取ることができます。
人間は、目の前に起こったこと、いやな事でもなんでも「これは私にとって、丁度いいんだ」と受け止めるのが正解です。そのような受け止め方とは、「善意」ですから、結果として素晴らしいものが出て来ます。
何か問題が起こっても「これは自分に相応しい問題なんだ。よし、どうやって解決してやろうか」という前向きのの姿勢、「善意」に受け止めるとなんでも解決出来るのです。なぜなら、あなたの人生ですから、あなたに解決できる問題しか出て来ませんもの。皆さんいいですか。人生には自分で解決できない問題は決して現れません。
「困ったなー」と思えば、困ったことにしかなりません。人間とは、そういうものなのです。それがお経の中にあるこの世の仕組み、「第一義」、つまり「空」なのです。