観音経の教え-8

*三十三身説法

宇宙の全ての存在を三十三身で表し、その全てに身を現じて救済すりるという。

変幻自在の仏と言われる由縁です。

衆生、すなわち民衆とは千差万別。この千差万別の民衆を救済するには、千差万

別の姿に身を現じて法を説く手法もまた、千変万化しなければならないのです。

法を説くというのは、口だけで説法する事ではないのです。法を説く、道を説くには、

自我を捨て、自己犠牲のもとに身一杯で取組んでいく。これが無畏であり施無畏と

なるのです。

観音様とは、我々自身の正体であるから努力すれば何でも出来ます。ということで

す。これに気付かないでいるから、泣いたりわめいたり、怒ったりするのです。

世の中、諸行無常・諸法無我。変わらぬものなど何一つない。我々の生命の根源、

宇宙の真理も又、時々刻々と変化して行くのです。これに対応するためには、我々

自身の観音様も時々刻々、変化するのです。

宇宙の真理を内在しているのは我々人間だけではない。イヌ・ネコ・モグラ・でも全

ての生きとして生けるものは、宇宙の真理と当体です。三十三身とは、これら全ての

ものを包括した宇宙全ての存在です。

これらすべての存在を象徴的に具現化したのが観音様です。だから百観音と言わ

れるくらい多種多様のポーズをとって、われわれの心の姿を現しているのです。

観音様を拝む人の心の多種多様の願いに応えるべく、無数の救いのシンボルとし

ているのです。